発達が遅いボクと母ちゃんの日記

2歳から発達の遅れが目立って来たボク。でも発達の遅れじゃなかった!?母ちゃん子育て日記

はじめての授業参観!(7歳:小学校)

どうも!母ちゃんです。

 

 

少し前に、はじめての授業参観に行きました!

 

1年生の時は、コロナの為中止😢

イベントなどもなくて、学校の様子が全く分かりませんでした。

 

 

今回は、どんな教室なのか、ちゃんと勉強をしているのか、どんなお友達がいるのかなど やっと見ることが出来ました。

 

 

コロナ対策で、出席番号が偶数は1時間目、奇数は2時間目を参観するように分散されていました。

母ちゃんは、2時間目の算数の授業を参観しました。

 

    授業参観のイラスト

もう2年生か!授業はどんな感じかな~立ち歩く子などいないかな?

なんて思っていたけれど・・・なかなか大変そうでしたよ💦(驚)

 

 

ボクのクラスでは、飛び跳ねたり、ウロウロしたり、何でも思いつく事を話してしまうような子がいました。

 

何度か注意されていましたが、自分の席のまわりをピョンピョンしたり、隣の子にちょっかいを出したり、だんだんエスカレートし・・・最後は放置状態。

 

ノートも記入出来ていないから、担任の先生が何度もその子をフォローしていました。

 

 

また、大騒ぎはしないけれど、話を聞いていない子や、姿勢が崩れてしまう子、足がびよーんとなってたり、さらには寝てしまう子もいました😱💦

 

 

先生はホワイトボードに問題を書くと、生徒全員のノートを確認しながら授業をすすめていました。

 

書き漏れに、勘違いや、やっていない子などに、それぞれ声かけして、アタフタな授業でした。

 

こんな調子で、1つの問いに何分もかかってしまうので、用意していた内容が進まず授業は休み時間に突入してしまいました。

 

これは大変だな~~~って思いました。

(毎日、授業参観の時のように丁寧に対応できないようね⁈)

 

怒らず対応している先生には、本当に頭が下がりますね。

 

    授業中に騒ぐ生徒のイラスト

 

母ちゃんが小さい頃は、『先生はかなりコワイ』そんな時代。

なので参観日は、わりとピシッとしていたような???

していたと思うけど違うかな~。

 

 

とにかく、こんなにワイワイしていなかった記憶が。

 

 

ちなみにボクは、静かにはしていましたが・・・

他事を考えているようでしたね(コラ~~~お前もか😡!)

天井を見上げて、ブツブツ言ってるところをみました。

 

家でその事を注意したら

「やる事をやったからね、待ってる間に別の事を考えちゃうよ」

なんて言うのです。

 

 

やる事を終わらせていてもね これは困ったものです。

ちゃんと話を聞きましょう!!!

(先生・・・すみません)

 

 

低学年は こんな感じなんでしょうか?

もう少ししたら、落ち着いてくるのでしょうか?

 

 

 

 

あっ!コロナの影響もあるのかも!!!

 

      コロナウイルスのイラスト

小学校に入学した時から、学校に慣れたころに休校になったり、活動の制限があったりで、子供たちのメンタルに影響が出ているのかもしれませんね。

 

今も、休み時間も遊べないし、給食は黙食💦

マスクしてる先生の表情は、どうなのかよく分からないし

も~~~~~~2年生になってストレスがパンパン!!!

 

こんな感じなのかもしれませんね。

 

お家でも!しっかり子供の様子をみてあげないといけないですね。

懐かしいぞ!イライラ棒(7歳:ボクの遊び)

 

どうも!母ちゃんです。

 

 

ゴールデンウィークも終わり、やっと通常の生活になりました。

(ボクのワイワイから開放され😁ちょっとホッとしてます。)

 

 

 

ゴールデンウィークは、父ちゃんの実家に帰省したり、公園などに出かけたりして、少しですがリフレッシュになりました。

 

 

 

 

 

そして、休み中は電子パーツ屋さんへも行って来ました。

最近は、こんなお店が少なくなったのでネット購入ばかり。

 

でも、直接見てお買い物する方が脳をくすぐりますよね😍

電子工作にハマっているボクなので、テンションが上がってます!

 

 

なんのパーツなのか???細かいパーツを一個ずつ確認しています。

 

嬉しそうなボクですが、正直ね~~~母ちゃんはつまらない💦

手芸用品なら まだ楽しいのにな~。

刺繍糸とかボタンとかリボンなら一緒に見るけどね~。

 

 

 

はて?何を作りたいのか・・・ 1時間ほどアレコレと選んでいましたよ。

 

 

 


ハンダごてもうまくなりました!

 

好きなことは、お願いしなくても集中してやってくれますね。

(ピアノもさ~これぐらいの気持ちをだしてくれたらな~)

 

 

 

コレ!!!何を作っているのかと思ったら

なんと『イライラ棒!』でした~~~

 

懐かしいわ~ 『ウッチャンナンチャン炎のチャレンジャー 』😂

コレに出てきたゲームですね。


www.youtube.com

 

 

 

 

 

何がどうなってるの?何つかって作ったのか?

母ちゃんにはチンプンカンプンですが 完成したようです。

 

実験教室でも イライラ棒を披露しました!

母ちゃんが知らない間に、プログラミングしていたようです。

 

 

イライラ棒が、針金に触れると青色のLEDが付き『ビー』と鳴ります。

3回触れると『ゲームオーバー』と音声が出て、赤LEDが点滅して終了!

また、2分でゴールしないと、これまたゲームオーバーになります。

なかなかうまく出来上がっていました。

 

実験教室の先生にも褒められて、ホクホク顔のボク。

 

 ダイソーでタッパーを買って、そこに組み込んだようです。

良く言えばスケルトンでしょうか。

 

真ん中の赤いボタンでリセット出来るそうですが、それにしても😅

イライラしまくりの、針金のコース。

 

触れずにゴールするのは無理な形で、誰も成功しません!

 

ビービーとすぐに『ゲームオーバー』と言われちゃいます。

 

 

 

これを作るのに、Arduinoやらマイクロビットにスクラッチなどなど、色んな事をやっているようです。

 

 

次はパソコンにつながなくても遊べるように、言語入力していく予定だそうです。

なんでしょうか?分かりませんが、ファイト!ボク。

 

 

 

どんどん、母ちゃんの知らない世界へと行ってしまいます。

ちょっと前まで、赤ちゃんだったのにな~。

 

 

 
 
 
 
☆こんなロボットとか作ったらいいのに。

 

 

☆初めての方は、キットからはじめるといいかもね。

絶対音感と脳科学!(7歳:ピアノ)

 

どうも!母ちゃんです。

 

 

 

新しいピアノ教室にいくようになり!(まだレッスン3回行っただけですが)

 

ボクはメキメキ⁈と言っていいくらいピアノが上達しました。

 

ピアノの音をコントロールする力や表現力が付いてきました!

 

 

そして、先生から月3回のレッスンを4回とか5週ある月は5回やりましょう!

となりました。

 

レッスン代は変わらない!ありがた~~~い😆🎉

 

 

理由は

 

●楽譜を覚えるのがはやい

●指がよく回る

絶対音感がある

 

こんな理由からでした。

 

 

 

「え?絶対音感ありますか?和音なんかは分からないようですけど・・・」

 

きっと、ボクは3歳の頃からやっているから絶対音感みたいなものがあるのかも?

ホントにあるのか???そんな風に思っておりました。

 

 

先生が言うには、3歳からピアノをただやっていても絶対音感は簡単に身につくものでもないそうです。

 

(へぇ~、でもさ早期教育に力を入れてる幼稚園の子なんかは、みんな絶対音感もっていたりするような話を聞いたような・・・あれれ?)

 

絶対音階は、トレーニングでも身につくようなのですが、生まれつきの人は、不思議な感覚をもっていて語学のように判断できたりアレコレ違いがあるようで、ボクのタイプは生まれつきのようでした。

(たしかに語学・言語なんかは好きだけどね~関係あるのか?)

 

 

母ちゃんには、何が何だかわかりませんが💦

今まで、そんな様子を褒められた事もなかったので嬉しいですね。

 

 

脳の発達にいいからとはじめたピアノ!その結果が出てきたのかな?

ちょっと調べてみました!!!

 

 

 

      脳波のイラスト

 

絶対音感脳科学!どんな関係があるの?>

 

絶対音感を身に付けることで、子供の脳にどういった影響があるのかな?

幼少期に音楽に触れると、脳が通常よりも発達するという科学的なデータがいくつも存在しているようです。

 

ドイツの研究グループが、1995年2月3日に発表した研究結果では、音楽家を職業としている人と音楽を全く学んだことがない素人、それぞれ30人を対象にMRIで左右の脳の状態を比較しました。

 

すると、音楽家の中でも絶対音感を持っていない19人の脳は、素人の人たちの脳とほとんど差が無かった。

絶対音楽を持つ残りの11人の音楽家の脳は、左脳の側頭平面と呼ばれる、言語の理解や数学的能力に深く関与している部位が、右脳の側頭平面に比べて2倍近い大きさに発達していたことが分かったのです。

 

この結果から、脳の発達と絶対音感は関係性があると言われています!

 

 

 

●音楽教育を通して、言語学習にも大きくプラスになるの?

人間の脳は右脳と左脳で役割がそれぞれ異なると考えられています。

 

右脳は芸術や想像力などを発揮する時に活発に働き、左脳は計算や文章作成、

言語を学ぶなどの論理的な思考の際に活発に働くとされています。

 

これまで音楽を聴く時に使われる脳は、右脳だとされてきましたが最新の脳科学では、右脳だけでなく左脳にも影響を与えていることが分かってきました。

 

じつは!音楽を司る部位と言語を司る部位の位置が非常に近いところにあり、

音楽教育を通して、言語学習にも大きくプラスの影響を与えることが明らかになりました。

 

 

 

●ピアノ演奏で得られる能力とは?

絶対音感を身に付ける楽器といえば、調律をすることで一定の音を出すことが

可能なピアノです。

(他の楽器の場合、環境によって音が変化してしまうので音感を鍛えるには不向きと言われています)

 

最新の脳科学により新たに判明したこととして、幼少期の頃にピアノの演奏を行うことによって、「HQ」と呼ばれる人間性知能の発達にプラスの影響を与えることが分かっています。

 

人間性知能とは、問題解決能力や社会性、創造性などの人生の成功に深く関係する部分のことをいいます。

 

ピアノを習うことで、この部分を効率的に伸ばすことが出来ます。

 

学習塾や英会話、習字、スポーツなどの習い事をしても、HQに変化は殆どありませんが、ピアノ学習だけはHQが伸びることが分かっています。

 

さらに、ピアノ学習は夢を持てる人物の形成にも影響を与えることが判明しています。

 

子供の自由時間にピアノに取り組む子供とテレビゲームやトランプをする子供では、

明らかにピアノに取り組んでいた子供の方が将来的に夢を持つ人物へと成長しているのです。

 

アメリカの研究では、夢を持っている人物の収入はそうでない人物よりも高くなる傾向にあるとされています。

 

また、2000年に発表された論文によると、ピアノ学習を行うことで、問題解決能力も向上することが分かっています。

 

 

 

 

絶対音感知能指数の関係はどうかな?

幼少期から音楽教育を受けることで、IQが10〜20ポイント高くなるという研究結果が報告されています。

 

ほとんどの子供が絶対音感を持っている東京いずみ幼稚園では、園児の平均IQは120という数値が報告されており、明らかに一般的なIQとされている100よりも高い数値となっています。

 

IQを高める一般的な方法として、モーツァルト効果という方法があります。

 

これは、モーツァルトソナタK448を聴くとIQが上がると言われている方法で、

自分の子供のIQを高めて上げようと、お腹にいる頃からモーツァルトを聴かせる

ようにしている母親もいらっしゃいます。

 

ただ、モーツァルト効果の論文を詳しく見てみると、「モーツァルトソナタK448を聴くと、空間性IQだけが数十分間あがるが、その後、元に戻る」ということが書かれているだけです。

 

そのため、いくらモーツァルトを聴かせても、一時的にIQが上がるだけで何も変化がありません。

 

また、別の研究では大学生を対象に、毎日クラシックを聴かせたところ、一時的にIQは上がりましたが、すぐに元の数値に戻ってしまうことが分かっています。

 

一時的ではなく、常に高いIQを維持するためには幼少期のピアノ学習と絶対音感の習得が必要となるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ボクの発達が遅いからと、ピアノをはじめました!

3歳の頃は、練習させるのに苦労してきましたが💦今思うと頑張って続けて来て良かったのかな?

 

IQが高くなるのも良いけれど、『ピアノを学習することで、夢を持てる人物の形成にも影響を与えることが判明』と言われている!これはすごい。

 

 

 

子供の発達で悩んでいる人や、ピアノ練習に悩んでる方の参考になればいいな。

ピアノをやると脳にいい!って事は分かっていても、続けることが本当に大変です。

でも、こんな情報で、親御様のモチベーションが上がるといいな!

 

 

 
 

学校からの電話!(7歳:小学校)

 

 

どうも!母ちゃんです。

 

 

 

2年生になり、なんの問題もなく!楽しく学校生活しているボク。

 

 

そう思っていたら・・・

 

 

担任の先生から電話がありました😅💦

 

 

 

 

先生:「学校の生活の時間に『野菜を育てよう』というのがありまして、その件でボクと話がしたいのですが。」

 

 

母ちゃん:「すいません、習い事に行ってしまったので折り返します。」

 

 

先生:「そうですか、実はボクには『野菜を育てよう』について、タブレットでまとめをするように指示してあり、何度かやり直しをしています。学校で育てたい野菜を決めて、目標や予想などを書いてもらっているのですが・・・」

 

 

そういえば!何度かタブレットにむかっている姿をみたな~

最近の子の宿題は、タブレットなんだ!と驚いたりしていました。

ジャガイモの絵が下手だからやり直しをしているんだと思っていたけれど???

違うの⁉

 

 

        ジャガイモのキャラクター

 

 

母ちゃん:「まだ提出していないのですか?ジャガイモの絵が上手くかけないな~とは言っていたので写真など見せてみたんですが?遅くなってすみません💦」

 

 

先生:「いえいえ、3回ほど再提出してもらっています。ですが・・・こちらが指示した野菜から選ばれていないので、どうしてなのか理由を本人から聞きたいとおもいまして」

 

 

母ちゃん:「え! ・・・わかりました。 折り返します。」

 

 

 

 

先生から話を聞くと、トマト、きゅうり、ナスから選ばないといけないようでした。

その説明は何度かボクにしてくれたようで、その上で再提出をお願いされていたようです。

 

ボクは、3回ともジャガイモで提出しておりました😂

(おいおい!)

 

 

 

 

塾が終わり、ボクに先生からの伝言を伝えると

 

 

 

ボク:「はぁ~、それは知ってるよ。でも、どうしてもジャガイモが良かったから何度もジャガイモで出したんだよ。」

 

 

 

母ちゃん:「学校ではさ、トマト、ナス、きゅうりから選んでほしいんだって」

 

 

 

ボク:「教科書みながら授業してたんだけど、夏の野菜の事を勉強してて、

好きな野菜を育ててよう!をやったの。なんでダメなんだろうね。

ジャガイモは教科書にも載っていたし、子供でも育てやすい野菜だよ。

ジャガイモがいいのに。

 

 

まいったね~ 納得いかないみたい。

母ちゃん「なんでだろう?考えてみようか!」

 

 

 

そして、折り返しの電話をする前に何個か考えてみました。

 

●植木鉢で栽培しにくいからダメなのではないか?

●土がたくさんいるからダメなのではないか?

●ボクだけ好きな野菜を選んじゃうと、他の子も違う野菜をやりたくなるから。

●観察日記をみんなで比較したいけれど、ボクだけ比較できないから。

●土の中で育つ野菜は観察しにくいからかも!

 

などなど話し合いし、折り返しの電話をしました。

 

 

この中で、ボクの心に響いたのは、

他の子もやりたい野菜を育てたいとなってしまう事と、

観察する時に、みんなと比較できない!コレが気になったようでした。

 

 

そして、渋々といった感じで学校に電話しました。

 

ボク:「〇〇先生みえますか?ボクです。」

 

先生:「お母さんから聞きましたか?ジャガイモから変更できますか?」

 

ボク:「ボクはカレーが好きだから、そこに入る野菜を作りたかったから

ジャガイモにしました。ダメそうなのは分かっていましたが、

何度か提出したらボクがすごくジャガイモをやりたい気持ちが伝わるかと思って

変更しないで出しました。」

 

 

そして、学校では決まった野菜しか選べないなどの話を

先生から聞いているようでした。

 

 

 

ボク:「それでは、ここはボクが折れます。本当はジャガイモがいいけれど、

きゅうりにします。カレーの時のサラダとして考えます」

 

 

 

『折れます!』とか言ってます💦母ちゃんヒヤヒヤ。

 

 

電話をかわり、ボクが学校で頑固にゴネたのかを聞きました。

その指摘をした時は「考えてみます。もう一度まとめます。」と言ったそうです。

 

ですが!再提出をみると またジャガイモで戻ってくるし、

毎回、理由や絵が追加されてくるので、先生も困ったようでした。

 

 

よほどの何かがあるんだと、電話をくれたようでした。

 

 

学校での決まりを守れない事に怒るのではなく!

連絡をくれた担任の先生に感謝です。

 

このまま無理やり野菜を決められていたら、やる気をなくしていたかも知れません。

(面倒くさくてスミマセン😅)

 

 

 

 

 

ボクのこの行動で思ったんですが、

母ちゃんは!学校から言われたことに疑問を持たずに、過ごして来たな~。

 

先生がダメと言ったことに、嫌だな~と思ったりもしたけれど、

立ち向かった事なんて無いです。

 

とくに学習については、先生の言うがままだったと思う😅💦

 

 

 

 

困ったボクですが、自分の考えを持っている事は悪いことではありません。

疑問を持って、考える事、話す事は良い体験です!

 

それと今回は、自分の考えたとおりには行かない事も学べたのではないかな。 

 

 

 

 

これから、もっとこんな事が増えるのかな~と心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆なんだか馴染みがある袋での栽培!美味しいのができそう♬

 

 

 

袋栽培だから、後始末が良さそう!読んで勉強したいな。

新!ピアノ教室とやる気スイッチ(7歳:ピアノ教室)

 

どうも!母ちゃんです。

 

 

 

3歳から通っていたピアノ教室を3月頭に退会しました。

romie1031.hatenablog.com

新しいピアノ教室がスタートするまで、お家でブルグミュラーやハノン

などの練習をしてすごしました。

 

 

発表会も楽しみにしていたし、ボクのメンタルは大丈夫かな?

なんて心配していましたが・・・

 

ボク:「はやく!新しい教室に行きたいな~。」

 

母ちゃん:「今まで行っていた先生に会えなくなるし、寂しくないの?」

 

   「大丈夫!寂しくないよ😁新しい教室楽しみ!はやく行きたい!!!」

 

   「え~~~!!!そうなの!」

 

変化に弱いもんだと思っていましたが、切り替えも早くて驚きです。

 

 

 

 

 

さて、新しいピアノ教室は、広くてとても良い環境です。

 

     

f:id:romie1031:20220413084722j:plain


 

3台ものグランドピアノが並んでいますが、走り回れるほど広々しております。

(なので!ハイテンション😓)

 

 

そして先生は、とても丁寧に指導してくれます。

 

今までと少し違い、音楽の表現をたくさん教えてくれるレッスンで、

どんな風に指をのせると、どんな音になるのか、自分の良さは何処なのか

なども話して聞かせてくれます。

 

 

子供が分かるように工夫して教えてくれて、ボクのやる気がドンドン出てきます。

 

『甘い音をで弾いてみて、今度は山に向かって弾いていくよ、ここは少し悲しみながらも安心感をだすよ~腕の重さを感じる音だよ~』 などなど! 

 

先生から次々とでる指示に集中して答えてました。

(張り切ってるな~💦 大丈夫かしら)

 

 

 

 

 

母ちゃんも父ちゃんも、レッスンを見つめながら反省しました😓

今までボクは『やる気が無いんだ』と、イライラしていましたが、

指導者が変わると、こんなに気持ちよくピアノが出来るんですね・・・。

 

 

「子供だから分からないだろう、これでいいだろう」ではないですね!

素敵な音楽や表現など、子供だけどちゃんと感じ取れますね。

 

 

 

子供扱いされなければ、やる気スイッチON!!!!

家での練習も、意欲を感じます!

 

楽譜の記号の意味を考えたり、曲のイメージを考えたり、

音の強さだけでなくどんな音にしたいのかなど・・・

ゴールが分かってきたので練習態度が良くなった。

 

 

ハノンもバイエルでも名曲のように弾くようになり、ボクの変化に本当に驚きです。

 

 

 

そして先生が、曲によって色んな国の文化に触れられる話をしてくれました。

 

 

ボクは、世界の語学や文字に興味があるので、音の中にもそんな文化があり

それを感じとり楽しめる事に気がついたようでした。

 

 

 

 

個性的なボクの良さを引き出してくれる先生に出会えて感謝です。

 

 

(今だけなのかも知れませんが😂)ボクがピアノにやる気を出していて、

どうしようかな~と悩みましたが教室を変えてみて良かったと思います。

 

 

 

 

音楽は本当に素敵ですね~♬

 

 

伸びる子の母親は朗らか!とは聞いたことあるし知ってるからね(7歳:ボクの遊び)

 

どうも!母ちゃんです。

 

 

「朗らか」とは、「心に曇りがなく穏やかな様子」や「晴々とした様子」などを表す言葉だそうですよ。

 

 

 

子育てに行き詰まった時!育児本は参考になりますよね。

『男の子の育て方』『叱り方褒め方』『伸びる子育』だとか

『優しい言葉に言い換えよう!』とか、『褒めて育てよう!』とか・・・

 

わかっているけどぉ~~~~ 本のようにはいかな~~~い!

 

 

すごく優しく 子供を尊重して 言葉を選んで プラス思考で~

 

と😓本をパラパラと読むと少しイラついちゃいます(笑)

毎日の生活の中で、ずっと意識していくのは難しいな~。

 

 

ボクも2年生になり、自分の考えや意見があり、反抗して来ることも

多くなってきました。

 

 

そんな態度に母ちゃんがイライラしていると、

ボクは大人みたいに分析してきます💦

 

あの言い方は良くないな~ ボクの考えは違うんだよな~ などなど。

 

 

そんなボクの話を聞いていると、余計に本のような

魔法の言葉は使わないのです (大人げない母ちゃん)

 
 
 
早くしてほしい時は、「はやくして~~~」だし、怒った顔もしますし
ダメな時は「ダメにきまってるでしょ~~!こら~」って言いますよ。
 
 
それが不満だったのでしょう。
図書館でこんな本んを借りてきて、これだ!と思ったところに付箋を貼っています。
 
 
 
 

 

 
「この付箋のところが大事だから読んでね!子育てがうまくいくから。」
 
そうでしょうね😓💦母ちゃんも知ってるって!
     付箋の貼られた本のイラスト(縦書き)
なんだか、付箋がしてあるところは、自分の都合のいいような・・・
でも大事なところのような。
う~ん、子供から直接言われるとなんとも複座な気持ち。
 
 
フリガナが付いていない育児本をスラスラと音読し、内容を!母ちゃんに分かるように解説したり分析したりで(ちょっとムカつく😁)
 
「ボクには必要ないんじゃない?子育てを十分把握してるんだからさ。
そうだ、母ちゃんをイラツカせないように行動した方が早くない?
その方がスマートじゃない?」
 
「な~に甘えてるの⁉親が勉強すると子供が伸びるんだよ!
もっとやる気ださないと~」
 
と!こんな感じです。
そんな事言われたらさ~ やる気出ないよね~😓😓😓
 
 
だいたいさ~子育て本なんて、親がこっそり読んで 
こうかな?どうかな?大丈夫かな?効果あったかな?なんて考えて
実践してみるものなんだからね💢
 
 
子供がネタを知ってるのに、それをそのまま実践するなんて、やりにくいじゃん。
 
 
そんな、こんなで 今のところシレ~っとしてます。
 
 
だからかな😂
色々やりたい事があって忙しいボクなんですが、スキマ時間で
また子育て本を借りてきてアレコレと読んでおります。
諦めないみたいだね💦
 
 

 
 
 
ボクが母ちゃんの肩をポンポン そしてボクが言うには!
『子供はお母さん次第で伸びるんだから』だそうです。
 
きゃ~~~責任重大で~~~す😆 
 
じゃ本・・・読むかぁ~。

2年生になりました(7歳:小学校)

どうも!母ちゃんです。

 

 

今日から!授業が始まりました~~~😆

 

なんだか緊張しながらスクールバスに乗り込んで学校に行きました。

 

新しい担任の先生が『かわいい先生で嬉しい』と言ってましたが・・・💦

さっそく叱られてないといいけれど。

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ