発達が遅いボクと母ちゃんの日記

2歳頃から発達の遅れが目立って来たボク。母ちゃん子育て奮闘中!!

母ちゃん!不思議ちゃん?

どうも!母ちゃんです。

 

母ちゃんの妹はI.Qが高い子供でしたが!母ちゃんは・・・思い返すとヤバかったな。

 

①何やるのも平均より遅めで時計もアレレ・・・!

自転車に乗るのも、紐を結ぶのも何度も泣きながら練習してやっと出来た感じ。

時計を読むのなんて、ものすごい苦労しました。

時間という目に見えないものを計測するという事の意味が分からず、その事に気が行ってしまって理解しようとしませんでした。

「8時の10分前は?」と聞かれると『8時10分』となり怒られてしまう。

母ちゃんは10分前と聞くと10分前進すると勘違いしていて、「前」が「過去え戻る」という意味だと納得出来ていなくて、親はその事に気づかず怒り出すので理解が出来ず混乱していました。

誰が1分を60秒と決めたんだろう?1時間って60分でいいの?とか変な事ばかり気になっていたので親がめちゃくちゃ怒っていたのを覚えています(笑)

 

②小学校での写生大会

これは母親が呼ばれて、放課後写生をやりなおしした話。

写生は目で見たままを書くのだと誰も教えてくれなかったので・・・見えるものと見えないものを描いたため、描きなおししました。

お寺での写生だったので、お寺の建物描いてたけど薄暗い絵になったので動物やら虫を描いたり、いっその事!!空は明るくピンクにしたら先生が怒りました。

f:id:romie1031:20170704060513j:plain

 

③算数の問題でこだわる

こちらも親が呼び出し・・・。

算数の問題文が気になって問題が解けないことがよくありました。

「亀が3匹、トキが2匹全部で足は何本ですか?」の問題で、母ちゃんは『トキを見たことないので足が何本か自信がない』と泣いたり。(鶴にしてくれたら良かったのに)

「穴の空いた容器に水を入れ何分後にいっぱいになるか?」の問題は『穴をふさげばいいのに』となり答えられない。

求めたい答えとは違う質問をするので先生が困っていました。

f:id:romie1031:20170704060604j:plain

 

他にもあげたらきりがないのですが、こんな母ちゃんも今では普通なのでボクの個性も同じようになるのではないのかな?なんて思っています。

子供の頃はこんな感じでしたので・・・友達とか少なかったけれど好きな事に打ち込めたことから救われました。

母ちゃんは小さい頃から絵やデザインが好きでしたので、高校生ぐらいからコンクールの毎日に燃えていたし、大人になってからは音楽やったりして同じ趣味の仲間に恵まれました。

その中では個性が生きてくる世界だったので足りないくらいでした(笑)

ボクにも打ち込めることを早く見つけて楽しい人生を歩んで欲しいです。

たとえ趣味でも!仕事に繋がらなくても好きな事がある人はいくつになっても、救われると思います。